人妻出会いサイトではタバコを吸わない男性のほうが圧倒的にモテます

世界中が嫌煙ムードになっている中、日本もその流れにのって最近では完全な嫌煙主義国になりました。

JTは盛んに分煙をアピールしていますが、飲食店やバーでは全面禁煙にしているとろこが多く、屋外でもめったに喫煙出来る場所はありません。

子供のいる家では家の中さえを禁煙にしているところがたくさんあるようです。

喫煙者は肩身の狭い世の中になっていて、喫煙=マイナスイメージが定着しつつあるわけですが、人妻出会いサイトでも同じように嫌煙傾向になってきています。嫌煙者=タバコを吸わない人というわけではありません。

タバコを吸わない人の中にも自分は吸わないが、周りの人が吸っていても気にならないという人はいます。つまり、恋人が吸っていても構わない人ということです。昔はほとんどがこのタイプだったように感じます。

確かに喫煙者天国の世の中だったため、副流煙に慣れていただけなのか、言いにくかっただけなのかは分かりませんが、喫煙範囲が限られている今日は、完全に嫌煙者の方が多いように感じます。

特に女性向けの恋人探しのサイトではプロフィールに喫煙者、嫌煙者を入力する欄が必ずといっていいほど存在します。

しかもタバコを吸う人は絶対に嫌だとはっきり言っている女性の方がOKの女性よりもはるかに多いのです。

最近ではいわゆる我々が利用している男性向けの人妻出会いサイトでも喫煙の有無を記入する項目があるサイトをいくつかみかけました。こちらの場合はハッキリと喫煙者はNGと表示されているわけではありませんが。

どちらにしても、女性の中に「私はタバコを吸う男の人じゃないと絶対に嫌だ」という人はまずいないと思います。つまり人妻出会いサイトではタバコを吸わない男性の方が圧倒的に有利だということです。

喫煙者はその時点で選択肢から外される可能性があるわけですからね。

喫煙者はタバコの値段もどんどん上がっていることですし、これを機に禁煙ブームにのっかった方が人妻出会いサイトで良い思いができるかもしれません。